沖縄 マリンスポーツ シュノーケル バナナボート ウェイクボート ジェットスキー
Sururu美ら海水族館近くのマリンスポーツショップ
メルマガ登録

沖縄に行くって決めたけど、ガイドブックって多すぎる・・・。HPも多すぎる。限られた日数でどこまわったらいいのかな?ホントにおいしい店ってどこだろう!?

そんな方向け沖縄旅行に役立つ情報満載。登録はもちろん無料。

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

関連サイトへのリンク
スルルをマンガで紹介

マンガで紹介

厳選リンク集
スルルの携帯サイト

沖縄のマリンスポーツ攻略法

marin ネットで調べまっくた、
ガイドブックも読んだ・・・

そして、楽しみにしてきた沖縄旅行。
キレイな青い海。

よーし!
マリンスポーツ思いっきり楽しむぞー!!!

こんなカンジで
ぜ〜ったいテンション上がりますよね!?

でもそんなとき、「あれ!?こんなはずじゃなかったぞ・・・」とならないために

チェックポイント1 現地にて・・・

料金が安くて申し込んだら、団体扱い・・・初対面の人ばっかりでなんだか気を使った・・・
安い!と思って申し込んだら、現地でいろいろオプション・・・結局予算オーバーに・・・
参加人数が多くて、魚の名前など聞きたったけど聞けなかった・・・
いりもしないシュノーケルのためのソーセージを買わされた・・・
スタッフの手際の悪さで、予定時間を大幅にオーバーし、その後の旅行の予定が狂った・・・
「時間をオーバーしています」と言われて料金加算された・・・
強引な売り込みをされた・・・

実際にあった話です。こんなことされるために沖縄にきたんじゃない!と思うことでしょう。

チェックポイント2 予約したときと値段が違う!?

表示価格は○○円。おおっ!ここ安い!と思ってもちょっと待ってください。
例えば、シュノーケルをする際には、フィン・マスク・シュノーケルが必要です。
その他にもライフジャケット、水温が低い日などはウェットスーツも必要です。
ウェイクボードだとボード、ハンドルロープが必要です。
また、レンタカーの駐車料金、シャワー代金、ビーチ利用料・・・

その表示価格には含まれていますか?

また、安いコースなので申し込んだら、現地に行くとその他のオプションもやりたくなり・・・
いろいろ加算されて気が付けば予算オーバーってことにならないように!

チェックポイント  スタッフのやる気!

例えば、シュノーケルをする際には、安全のためにも最低限のルールが必要です。
そのショップはちゃんと講習があるでしょうか?

何の説明もなく、いきなり沖まで連れて行かれて、深い海にほったらかしになんてされたら・・・
怖いですよ。
シュノーケルセットだけを渡して、ろくにポイントを紹介せずに

「時間になったら呼びますね」って冷たい対応されたら・・・

イヤな気持ちになって楽しさも半減します。

ウェイクボードでも、「早く仕事終ねぇーかなー」と思ってアドバイスしているスタッフと、
「初挑戦のお客様でも、ウェイクの楽しさを知ってほしい!」
と思ってアドバイスしているスタッフとでは、結果は違ったものになるでしょう。

また、ご家族で参加される方は、お子さんへのスタッフの対応もチェックポイントですね。

失敗しないためには

チェックポイントを確かめるには、直接ショップへ電話をかけるか、メールで問い合わせて、疑問に思った事を聞いてみるのが一番です。気になることは、遠慮しないでガンガン聞きましょう。

ショップに問い合わせをした際に、対応が丁寧なショップは比較的安心だと思います。

またホームページの掲示板や、ブログ、メルマガ、「お客様の声」なども参考になります。
(ただし、「ご感想を募集!ホームページに採用させていただいた方には○○を差し上げます」というショップもあります。当然、スルルはそんなことはしていません。それは本当の「お客様の声」ではないと考えているからです。)

価格が安いから、宿泊するホテルから近いから、など安易な気持ちで申し込むと、思わぬ損をするかもしれません。

スルルをご利用した、お客様の声はこちら

スルルよりみなさんへ

スタッフは毎日海にいるので、その素晴らしさをついつい忘れがちです。
しかし、その日、ショップにいらっしゃるお客様は、日常とは違う世界がそこに広がっています。
私達はそのことを忘れず、いつでも「今日、この日、来てもらったお客さん一人一人に、沖縄の海の素晴らしさを知ってもらいたい!」ということを忘れず、一緒に楽しい時間をすごせたらと思っています。

スルルではリゾートホテルによくある10分や15分の短時間の時間設定をしていません。
なぜなら本当に沖縄の海でマリンスポーツを楽しんでもらおうと思うと、10分そこらで終〜了〜なんてあり得ないと考えているからです。

でも、「スルルって聞いたことないトコロだしサービスは大丈夫かな・・・」

たしかに、サービス内容は受けてみないとわからないものです。お客様がもしも「つまんなかった。」と感じられたら、ご遠慮なくお申し出ください。速やかに料金はお返しいたします。(ちなみに・・・これまで返金は“ゼロ”です)

スルルではお客様が楽しみにしてきた沖縄旅行で、よりよい思い出作りのお手伝いをすることが、私たちの仕事だと考えています。

markお問い合わせはこちら